2011年03月05日

キャロットクラブ南半球産馬追加募集

キャロットクラブから南半球産馬の追加募集が発表されました。

これまでは、遅生まれが明らかに不利になると考え出資をしてきませんでしたが、今年は申し込んでしまいそうです。

ファビラスキャットの09ハイオナーの09の2頭のうち、ファビラスキャットの09が気になります。

アルドワーズの従兄にあたり祖母がファビラスラフィンガーンディーヴァ(アズサユミの09)と同じ父ウォーエンブレム、母父サンデーサイレンス

ミーハーな私にとっては、どうしても出資したくなる条件設定です。

また、厩舎も松永幹夫厩舎と文句なし。

価格が安いのが気になりますが、安いに越したことはないですし、申し込む気まんまんです。

人気しそうなので、抽選に通ればいいのですが。





posted by くまき at 23:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

キャロットクラブキャンセル募集

今年もキャンセル募集の知らせがやってきました。

もう買えないと思っていた馬が再度募集されるので、つい欲しい―ってなっちゃうんですよね。

それにしても今年は例年に増して、キャンセル馬の数と口数が多い気がします。

倍率が高くてほとんど当たらないのですが、せっかくなので今年も祭に参加するつもりです。

気になるところでは、ソニックグルーヴの09、シンハリーズの09、トゥザヴィクトリーの09、クルソラの09、ビスクドールの09、グッドゲームの09などに目移りしてしまいますが、実は前からキャンセル募集に出れば申し込もうと決めていた馬がいます。

それは、ディアデラノビアの09。父シンボリクリスエスの丈夫さと母の切れ味を発揮できれば、かなりのところまでいけるのではと思っています。




posted by くまき at 23:26| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

京都記念予想

明日の京都記念にはキャロットクラブからトゥーザグローりーが出走いたします。

オウケンブルースリーやヒルノダムールなどの一流どころが相手になりますが、有馬記念3着の実績からも胸を張って出走できそうです。

池江調教師も国内G1とって、海外遠征へといっていますし、こんなところで立ち止まる訳にはいかないでしょう。




キャロットクラブホームページより
2/10 池江郎厩舎
9日は栗東Pコースで追い切りました。10日は軽めの調整を行いました。「水曜日はいつもどおり坂路を軽く上がってからPコースで併せて追い切りました。かなりしっかり動かしましたが、この馬らしい迫力のある走りを見せていましたし、時計も上々ですね。ジョッキーには守りに入らず、積極的な競馬をしてほしいと伝えるつもりです」(池江郎師)「ここまで順調に調教を消化してきて、体調はほんとうにいいですよ。馬体は少し増えて530キロ台にはなると思いますが、ほとんどが成長分。いい仕上がりでレースに臨めるでしょう」(市川厩務員)13日の京都競馬(京都記念・芝2200m)にリスポリ騎手で出走いたします。

posted by くまき at 10:45| Comment(0) | 重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする