2011年06月25日

愛馬近況~バイラオーラ出走

今週は、アルドワーズが名古屋競馬でうれしい初勝利を飾ってくれました。
さすがにここでは力が違ったようで、3馬身差の圧勝です。

中央の500万下に上がってどうかですが、とりあえず時間ができたことで、ゆっくり仕上げることができます。
秋以降に期待しましょう。

そして、今日の中山メイン船橋Sでバイラオーラが出走します。
さすがに1600万下は強い馬がそろっていて人気はなさそうですが、軽ハンデを生かして頑張ってもらいたい。
この後はアイビスサマーダッシュ(出れるかどうかはわかりませんが)を目指していますし、ここではずみをつけたいですね。
中山1200mの持ち時計からはいい勝負できそうですが、競馬は時計だけではないので難しいです。

引退までの時間が減ってきたので、一戦一戦がんばってもらいたいと思います。
単勝、複勝に応援馬券購入する予定です。




キャロットクラブホームページより
6/22  後藤厩舎
22日は美浦北Cコースで追い切りました(キリ 12秒9)。「引き続き様子を見ながらの調整を行っていましたが、今朝チェックしたところ脚元の状態はスッキリして良かったです。それにともない、今朝は北のダートコースで時計を出しました。朝一番のタイミングで追い切ったのですが、霧がすごくて視界が悪く、細かい動きがチェックできないような状況だったのですが、乗り手に確認したところこの馬らしいキビキビとした動きを見せてくれたとのことでした。息づかいはもうひとつだったのですが、乗り込み量云々というより今朝は結構暑くなったのでその影響もあるのだと思います。先週も少し時計を出せているし、大きな調整の遅れも出ていませんので、態勢は整うと思います。明日までの状態に変わりがないようならば予定どおり今週のレースへ向かうつもりです。ハンデは52キロと軽いですし、うまく溜めが利けばいいところを見せてくれるのではないでしょうか。引き続き伊藤工真ジョッキーにお願いしていますし、いい競馬を見せて欲しいと思っています」(後藤師)25日の中山競馬(船橋S・芝1200m)に伊藤工騎手で出走を予定しています。
posted by くまき at 07:22| Comment(0) | 愛馬近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

追加出資〜ブルーナボーニャ

キャロットクラブでブルーナボーニャ(クルナコーヴァの09)に追加出資を行いました。

早期デビューがアナウンスされ、ついぽちっとボタンを押してしまいました。

この時期は次の募集に期待し我慢するのが今までですが、動画を見た時になんかびびっときてしまい出資を決めました。

父ダイワメジャー 母父Sadler's Wellsであたれば大きそう。

目指すは来年のNHKマイルでしょう。





キャロットクラブホームページより
5/16  NF早来
18日にNF早来を出発し、20日に美浦トレセンへ入厩する予定です。これに伴いまして17日17:30をもちまして出資受付を締め切らせていただきます。春季ツアーでも大変注目を集めていた1頭です。出資をご検討中の方はお早めにお申し込みいただきますよう、よろしくお願いいたします。

5/13  NF早来
馬体重:500kg 
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン16〜17秒(週1回はハロン15秒程度)のキャンターで1本の調教を行っています。普段はマイペースなところがありますが、調教では併せた相手と競るようにしながら全身を使ったしっかりとした走りを見せてくれます。今後はゲートをスムーズに行えるようにして、入厩に備えていきます。

4/28  NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン16〜17秒(週1回はハロン15秒程度)のキャンターで1本の調教を行っています。やんちゃな面はあるものの、丁寧に教えてきたことが身についてきて、理想的な成長ぶりを見せています。集中した際の動きには光るものがあり、スタッフからの評価が急上昇しています。ここにきて成長ぶりが顕著なことから、杉浦調教師からは「5月中には入厩させて、早期デビューを目指したい」と前向きな評価をいただいています。

posted by くまき at 21:04| Comment(0) | 愛馬近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

天皇賞予想

今日はバイラオーラがこれまでの鬱憤を振り払う勝利をあげました。

新潟1000mで結果を出したことで、夏競馬が楽しみになりました。

明日は、天皇賞。キャロットクラブからはトゥーザグローリーが出走いたします。前走の日経賞が完勝だったこともあり、堂々の1番人気です。

ここは応援の意味を込めてトーザグローリー(父キングカメハメハ)を軸に3連単ボックスを買おうと思います。

相手はローズキングダム、ジャミール(騎手ウィリアムズ)、エイシンフラッシュ(父キングスベスト)。

たまたまですが、昨日結婚した英国王子様にちなんでいそうな馬券です。




キャロットクラブホームページより
トゥーザグローリー
4/27  池江厩舎
27日は栗東CWコースで追い切りました(82秒8−67秒6−52秒4−38秒0−11秒9)。「レースでは四位騎手にお願いしていますが、今までも福永騎手がいろいろ教え込んできた馬ですから、最終追い切りも彼にお願いしました。馬場が重かったので先週の時計よりは終いがかかっていますが、同じく天皇賞に出走を予定しているマイネルキッツと併せて先着しているようにしっかりと負荷がかかっているので問題ないでしょう。この馬はいわゆるステイヤーではないと思いますが、どんな条件であっても勝ち負けできる馬に育って欲しいと思っています。そういう意味でも今回も当然勝ってもらいたいですし、それだけの状態に持ってこれたと思います。前走で今回のライバル達に差をつけて勝っていますし、直線で何度か手前を替えていたのもそれだけ余裕があったということだと思います」(池江師)5月1日の京都競馬(天皇賞(春)・芝3200m)に四位騎手で出走を予定しています。

4/21  池江厩舎
21日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで強め程度の追い切りを行いました。手元の時計で6ハロン82秒台、終いは11秒6ですから、さすがの動きでした。道中の折り合いもしっかりついていましたし、追ってからの反応も文句なし。調教後の息の入りも良く、馬のデキは抜群ですね。ここまでは順調に調整できていますし、万全のデキでGTに送り出せるようにしっかり調整していきます」(池江師)5月1日の京都競馬(天皇賞(春)・芝3200m)に四位騎手で出走を予定しています。



posted by くまき at 20:02| Comment(0) | 重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする